労働関係訴訟Ⅰ~Ⅲ 青林書院 → バーテンダー

Pocket

弁護士たるもの、参考書は必須です。

常に新しい書籍を購入し、

書籍を読みこなし、

知識を蓄え、思考能力を高める

日々のたゆまぬ努力が大事です。

が、果たして自分がそれができているのか。。。

さて、今回御紹介は、労働関係訴訟Ⅰ~Ⅲ

久々の改訂ですね。

三冊買うと、2万円近くもします。

基本的には、労働案件を扱ったことのある

裁判官の方々が書かれています。

なので、信頼性が高い。

と個人的には思っています。

http://www.seirin.co.jp/book/?id=newbooks

 

あとは、これをしっかりと勉強しないといけないなと。

たゆまぬ努力ということで思い出しましたが、

昔、バーテンダーという漫画の10巻で

たゆたえども沈まず

というテーマがありました。

パリ市の紋章の帆船に添えられてる標語だということでした。

趣旨は、どんなに悪天候にセーヌ川が荒れ、舵が折れ、

帆が避けても、船は沈まない・・・沈ませない

という意味があるそうな。

で、主人公がいいこという訳です。

たゆたえども沈まずってのは、

簡単に諦めるな 最後までくじけるな

その為に必死であがけ そうすれば沈まない

という意味なんだと。

これを読んで、頑張らなきゃなって思ったなぁ

懐かしいっす。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です