ロンドン交響楽団@サントリーホール

Pocket

芸術の秋ということで、玄人の方々に

お連れいただきました。

今回は、

ロンドン交響楽団@サントリーホール

題目は、

ヘレン・グライム:織り成された空間(日本初演)

マーラー:交響曲第9番 ニ長調

指揮者は、

サイモン・ラトル

ということでした。

サイモン・ラトルといえば、

ベルリンフィルハーモニーの

首席指揮者。

今は、ロンドン響の音楽監督

をされているみたい。

ちなみに、

お席は、な、な、なんと

3万2000円!!!

 

なお、N響のパーヴォ・ヤルヴィさんも

近くの客席にいました。びっくり。

 

1曲目は、なんだか、カンカンカンカン

いっている感じで、あまり心に響かずw

って初心者がいうなw

 

2曲目は、玄人向けのマラ9

マーラーは、交響曲第10番が未完成のまま死去したため、

マラ9が完成された最後の交響曲となったとのこと。

演奏時間は80~90分と長い。

この曲の良いところは、個人的には、

第三楽章の後半部分の盛り上がり。

第四楽章は、いまいちだと思うのだけど、

玄人的には、第四楽章良かったわ~

とのこと。一緒にいった2人が、同意見でした。

さすが玄人。

昔は、最後まで聞けなかったけど、

あるときに、聞けるようになり、

感動するようになるということでした。

まだまだ精進せねば。

あと、この曲の特徴としては、

出だしが第二バイオリン

ってことですかね。

分かる人にはわかるかなぁ。

ちなみに僕はわかりませんw

長いですが、こちらの動画もどうぞ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です