社会保険労務士の先生方との定期的な勉強会

Pocket

先日は、長年続けている社労士の先生方との勉強会でした。

勉強会のネーミングは、人によって違うようです。

岡崎塾、お茶の水勉強会、岡勉などなどw

最初に、同じ大学の先輩の山田芳子先生にお声がけいただいて、

2012年9月25日から、2か月に1回程度、行ってきました。

最初は、立川で行い、2年くらいまえからお茶の水で行い、

今は、ちよだプラットフォームでやっています。

アクセス

今回は、第38回。

殆どのテーマをやりましたw

今回は、

民事裁判手続についてをテーマとして、

勉強会を行いました。

レジュメの一部を公開。

公開といっても目次だけねw

181002  第38回 お茶の水勉強会 レジュメ目次のみ

まず最初に、傍聴するに当たっての

心構えと注意点からw

次に、労働審判、仮処分、本案訴訟

それぞれの違いを意識しながら。

この勉強会の特徴は、僕が話をしている最中でも、

参加者が、途中で質問で遮って良いということです。

話している途中で、あれってどうなの?

という質問が飛び、それで皆が意見を出して、

議論が深まっていきます。

毎回、なるほどなぁと勉強になります。

次回以降は、働き方改革関連法を踏まえた、

就業規則の変更等について議論を

深めていく予定です。

あと、勉強会の特徴は、毎回、終わった後に

みんなで食事に繰り出すことです。

食事をしながら、そこでまた議論。

参加していただいてる先生方、

いつもお付き合いいただき、ありがとうございます。

終わった後に、ほっこりとした

お気遣いもいただいています。

こういった細かいお気遣い、

ほんとにうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です