プロ野球人気は本当に下がっているのだろうか?という点を中小企業診断士の先生が分析してました

Pocket

先日、中小企業診断協会から毎日送られてくる

TOKYO SMECAニュース2018年10月号

に面白い論文が掲載されていました。

これを書かれたのは、中原裕之先生。

面識はございませんが、

凄く興味深かったです。

様々なデータをもとに、

本当に野球人気は下がったいるのか、

を分析しています。

ベイスターズの取組みも分析してました。

こういった論文、さすが診断士って感じに思います。

簡単に目次を並べてみると以下のとおりです。

 

はじめに

1 プロ野球人気が落ちているのは本当?

(1)プロ野球の観客動員数は増加

(2)閑古鳥が鳴く球場は存在しない

(3)着実に飛躍する横浜DeNAベイスターズの状況

2 横浜DeNA躍進の要因…「こと」づくりの重要性

(1)プロ野球の「こと」作りとは

(2)チームの好成績は観客動員上昇に必ずしも結びつかない

(3)横浜DeNAベイスターズの「こと」作りに対する取り組み

① スタジアムを「ボールパーク化」

② スタジアムの飲食の「本物化」

③ グッズの「ストーリー化」

3 データを整理するとプロ野球人気は低下していない

4 終わりに…地上波テレビ中継の現実からのプロ野球人気

 

TOKYO SMECAニュースは、

東京都中小企業診断士協会が

毎月発行している読み物ですが、

結構面白いです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です