平成30年版 過労死等防止対策白書

Pocket

10月31日に公表された

平成30年版 過労死等防止対策白書

の概要を読了しました。

https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/karoushi/18/index.html

白書全体となると量が多いので、

概要を読みました。

過労死等防止対策白書は、

過労死等防止対策推進法に基づき、

国会に報告を行う法定白書であり、

平成30年版で3回目とのことです。

法定白書って、どういったものがあるのかな

と思って検索したら結構ありました。

一覧は以下の首相官邸ホームページにありました。

https://www.kantei.go.jp/jp/hakusyo/index.html

 

過労死等防止対策白書に戻ると、

まずビックリしたのが、

週労働時間が60時間以上の雇用者の割合は、2004年度

の12.2%をピークとして、緩やかに減少し、

2017年度は7.7%とのこと。

時間外労働時間数じゃなくて?

と思ったのですが、「週労働時間」でした。

 

脳・心臓疾患の労災支給件数は300件前後、

精神障害の支給決定件数は増加傾向で、500件程度。

 

それから業種ごとに、長時間労働の原因、ストレス要因等を

分析していて、それら要因に対して、どのように対策していけば、

企業として、安全管理体制を整えられるのかという意味で、

とてもヒントになりうるなぁと思いました。

概要に少し手書きコメントをいれたものが以下のものです。

181031 平成30年版 過労死等防止対策白書概要【読了】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です