恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。@林伸次

Pocket

先日、Facebookで友人の方が、とてもいい!

と書かれていたので、購入してみた小説。

恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。@林伸次

紀伊國屋行ったらなくて、文教堂行ってもなくて、

ブックファーストで漸く見つけました。

恋愛小説でございます。

 

 

内容は、とてもよかったです。

バーを舞台として、お客さんがバーテンダーに自分の恋の話をするというつくりになっています。

いろんな恋の話があって、比較的早く読めます。

ちょっと気になったところを抜粋。

【恋愛には季節がある】

・恋愛は春から始まる。恋愛って春が一番楽しい。春の終わりはキス。ドキドキが一番高まった時に彼がキスしてきて、それで恋愛の春が終わって夏が始まる。

・二人だけの夜を経験して本格的に恋愛の夏が始まる。真夜中に突然、彼に会いたくなったりするのも夏の季節ならでは。

・この間、ついにLINEが既読になったのに返事がこないことがあった。その日、「あ、秋が始まった」って気がついちゃった。たぶんこれからちょっとずつ、やりとりが少なくなって、会うのも少なくなって、冬が来るんです。

・いずれは消える、もうすぐ終わると分かっている恋でも、最後の輝きを見届けるのが、その恋を美しくする気がする。そう考えると、恋の秋や冬の季節も切なくていいものです。

 

そして、出版社は、幻冬舎。

さすがっす。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です