社労士のためのわかりやすい補佐人制度の解説@岡崎教行

Pocket

2019年1月25日は僕にとって1つの記念日になります。

初めての単著が産声を上げる日であるためです。

社労士のためのわかりやすい補佐人制度の解説@岡崎教行

労働新聞社から発刊です。

https://www.rodo.co.jp/book/9784897617299/

実際に手元に届くとめっちゃうれしいですw

我が子のようなw

すりすりしちゃうw

特徴としては、「書式」をふんだんに掲載しました。

掲載数29

 

そして、小説風にして、読みやすくしました。

入門書という位置づけで、1家に1冊置いといて、みたいな感じ。

小説風にして、笑いも取り入れて、裁判の流れを時系列で書いています。

そして、なんと金額は1100円(+税)。お手頃感満載でしょ?

補佐人ってどういったもんなの?というのを手っ取り早くわかるための書籍です。

 

なんか、試し読みができるみたいです。

はしがきのところは、是非とも読んでみてください。

https://www.rodo.co.jp/viewer/bibi/?book=mihon/9784897617299

 

そして、3月に当該書籍を使っての講演を東京で行う予定です。

特別ゲストとして、一緒に訴訟を追行している後藤博章先生(はしがきにも出てきます)にも一緒に登壇してもらい、補佐人をやってみての感想なり、どういった点が役立っているかなど、社労士の目線から、補佐人を語ってもらうことを予定しております。

 

 

 

 

“社労士のためのわかりやすい補佐人制度の解説@岡崎教行” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です