気遣いってこういうことなんだなと感じた一瞬

Pocket

約10年前ほど前から、

かつて破綻した国民銀行の清算決了後の問い合わせ

対応窓口をやらせてもらっています。

具体的に何をしているかというと、

国民銀行が破綻して、清算決了も終わった後でも、

世の中には、国民銀行の根抵当権が設定されたままで、

そのまま残ってしまっているものが多数あります。

その根抵当権の抹消手続きの窓口をさせていただいています。

http://kokugin.sakura.ne.jp/enkaku.html

登記のため、司法書士の先生とやりとりをすることが多いのですが、

基本的には登記の委任状、抹消証書を作成してもらい、郵送してもらいます。

その上で、当職から、必要書類を添付して返送します。

例えば、合意書の締結を郵送でやるときってありますよね。

そのとき、返信用封筒をつけるというのは1つの気遣いかと思います。

ここまでは、よくあること。

今回の司法書士の先生は違いました。

その写真が↓のもの。

レターパックの差出人欄にも、

僕のシールを作って貼ってくれている。

これみたときに、すげ~、

これが一歩踏み込んだ気遣いなんだなと。

宛先にシールを貼っているのはよくあります。

差出人欄まで作ってくれてるって。感動。

自分の場合は、事務所住所、名前、電話番号の

入ったスタンプを押さないといけないわけです。

しかもスタンプなので、すぐ乾かないしw

乾かないと、インクがついちゃうんですよね。

でもね、今回の先生は、僕のその手間を省かせてくれたわけです。

本当に感動してしまいました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です