労経速2381号の時言を書かせて頂きました

Pocket

労働事件の判例・裁判例集といえば、

労働判例ですよね。

https://www.e-sanro.net/magazine_jinji/rodohanrei/

もう1つ。大事なものが、労経速。

日本経済団体連合会事務局編。

これは、毎月3回、労働事件の判例・裁判例が送られてきます。

1回の量は2、3件ですが、速報性が極めて高い。

しかも、安い。年間1万5000円程度。

https://www.keidanren-jigyoservice.or.jp/public/flash/index.html

それだけでなく、巻頭に、「時言」というコラムがあって、

そのとき紹介の裁判例について、経営法曹会議の弁護士のうち、

経団連の労働法フォーラムで報告した経験のある弁護士だけが、

書いています。

今回は、日産自動車事件について、書かせて頂きました。

管理監督者性の問題です。

「総合考慮」というマジックワードについての所感を少し。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です