四国への旅⑥ 大歩危での観光

Pocket

今回は、四国まんなか千年ものがたりに乗って、

大歩危に来たところからスタートです。

1回目はこちら

四国への旅① サンライズ瀬戸①(乗ってから寝るまで)

2回目はこちら

四国への旅② サンライズ瀬戸②(岡山駅でのサンライズ瀬戸と出雲の切り離しまで)

3回目はこちら

四国への旅③ サンライズ瀬戸③(岡山から高松まで)

4回目はこちら

四国への旅④ 四国まんなか千年ものがたり①(高松~多度津で乗車まで)

5回目はこちら

四国への旅⑤ 四国まんなか千年ものがたり②(多度津から大歩危まで)

 

大歩危に来たものの、遊覧船にでも乗ろうかという程度の話をしていたのですが、

な、な、なんと。遊覧船。欠航!!!!

お~い、どうするんだ?

ということで、駅にいたタクシーの運転手さんに、

午後4時の電車で帰りたいのですが、ノープランなので、どっか観光させてくださいとお願い。

タクシーの運転手さん、OKとのことで、観光に。

1万5000円で3時間も色々と観光名所に連れてってもらいました。

 

大歩危に来たら、かずら橋。

これはど定番らしいです。

 

ちょっと、遠くから見ると、怖いやないかい。

あれを渡るのか????

 

祖谷の粉ひき節

 

やっぱ、怖いよ、これ。

 

落ちたらどうすんねん!

 

かずら橋周辺案内図。

 

あ~あ。遂に来ちゃったよ。

 

祖谷のかずら橋の解説

重要有形民俗文化財とのこと。

 

小学三年生、行きました!

 

足下が震えてるぞw

 

下みたら怖い~~

 

こら~、揺らすな~

 

これに呑み込まれたらひとたまりも無いな。

 

体中、岩にぶつかって砕けそう

 

なんだ?滝があるぞ。

 

琵琶の滝ですか。

 

勢いあるなぁ。

 

心が洗われる感じですね。

 

小学三年生が最後、少しカメラの中に入ってきたw

 

気持ちいい~という小学三年生。

 

ここは、何だ?

 

祖谷渓とのこと。

剣山から流れ出る祖谷川は四国山地を鋭く刻み、壮大な渓谷美が20㎞も続く。

 

んん?なんかが遠くにいるぞ。

近寄ってみよう。

 

こんなところで、立ち小便かよw

軽犯罪法違反か?

 

現行犯で逮捕すると近づいたものの、怖くてこれが限界。

 

道の駅に到着。

 

ラフティングやってますね。

 

これみると、結構怖そうだぞ!

 

さてさて、観光も終わり、大歩危から高松まで帰ろう。

 

 

 

 

なかなかええ写真が撮れたな。

次回は、高松に戻ってからの夜ご飯。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です