派閥の研修会講師

Pocket

僕の登録している第一東京弁護士会には、

全期会、新緑会、第一倶楽部、青風会の4つがあります。

派閥なのか、会派なのかという議論もあるようですが。

東洋経済で面白そうな解説がありました。

https://toyokeizai.net/articles/-/74403

 

僕は、新緑会というところに加入しています。

毎年、定期的に研修を行っていますが、

そろそろ、大々的にやろうよという話もあって、

今年は、新緑会として、経営法曹会議の大御所の先生方が

多数加入されていることもあり、労働法シリーズをやろうよ

という話になりました。

合計8回を考えており、また、

これらの研修を一冊の冊子にしようかとか、

色々なことを妄想中です。

それで、第1回目を9月18日に行うのですが、

自分が1回目の講師をやらせていただくことになりました。

次回以降は、私なんぞよりももっと経験があって、

修羅場をくぐっている大御所の先生方にお話いただく予定です。

 

これが、案内のFAXです。

使用者側として労働事件を扱うにあたっての心構え(仮)

を話させて頂きます。

あまり講演では話をしないようなことを若手の先生方に

お話できればなと思っています。

通常は、こういった案内は派閥の先生の中にしか流さないのですが、

今回は、な、な、なんと!!!

第一東京弁護士会の50期以降の先生方全員にFAXしております。

何千人なんだ????

でも会場は20名程度しか入らないんですがw

次々回以降は、講堂を借りて行う予定です。

ちょっと聞いてみたいなという先生方がいらっしゃいましたら、是非とも、ご参加いただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です