ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団@サントリーホール

Pocket

芸術の秋がやって参りました。

これから怒濤のコンサート3連荘です。

最初は、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団です。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団は、

1888年に創立されました。

拠点はアムステルダム。

創立100年を迎えた際に、

「ロイヤル」の称号を与えられました。

超一流ってことですね。

しかも、今回は、ピアノは、ランラン。

ランランは、初めてです。

そして、指揮者は、パーヴォ・ヤルヴィ。

ご存じN響の首席指揮者です。

今回は、A席。28,000円

 

初めてプログラムを購入してみました。

 

今回の演目ですが、

① オペラ〈タンホイザー〉序曲@ワーグナー

② ピアノ協奏曲第2番変ロ長調@ベートーヴェン

③ 交響曲第4番ホ短調@ブラームス

②でピアノをラン・ランが弾きました。

初めての印象としては、重厚というよりは、

しなやかという感じでした。

優しく包み込む感じ。

③ ブラ4ですが、個人的には、第三楽章が好きかな。

 

アンコールが今回は多かった。

楽しめました。

 

あとは、ベルリンフィルとケルン放送響

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です