ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団@サントリーホール

Pocket

芸術の秋ということで、コンサート第二弾

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 

 

 

2000円もしたプログラム

プログラムAは、

Rシュトラウス:交響詩「ドン・キホーテ」Op35

ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調Op55「英雄」

連れて行ってくれる方々は、ミューザでも聞いたとのこと。

 

僕が聞いたのは、ブルックナー:交響曲第8番ハ短調

これ1時間半くらいあるんです。

休憩無し。

 

これはズービン・メータ。

指揮者会の巨匠。

1936年ボンベイ生まれ。

もう80歳超えてます。

 

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

1882年に自主運営楽団として創立。

以来、世界で最も優れたオーケストラの1つとして

長きにわたり評価されている。

 

先日のコンセルトヘボウ管弦楽団もスゴイとは思ったけど、

もっと上をいくすごさを感じました。

さすがベルリン・フィル。

ただ、ブルックナー8番は長すぎたかな。。。

会場には、先日、コンセルトヘボウ管弦楽団を指揮した

パーヴォ・ヤルヴィもいましたし、

小泉純一郎元首相もいました。

小泉純一郎元首相は、終った後に、立って拍手をされてました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です