実態に即した働き方改革対応を実現する方法が確認できる中小企業のモデル就業規則策定実務セミナー@日本法令が無事に終わりました

Pocket

11月24日の丸一日、日本法令さんでセミナーを開催していただきました。

書籍の改訂版が出たことに伴い、イベント的な感じで。

実態に即した働き方改革対応を実現する方法が確認できる中小企業のモデル就業規則策定実務セミナー@日本法令

実は、1週間以上前から、のどの調子が悪く、病院に通い、薬をもらったのですが、

のどが治ったと思ったら、咳がとまらずで、病院で薬もらったのですが、

完治まではいかずで、当日を迎えてしまいました。。。

当日のレジュメです。

表紙は定番ですね。

この日は、レジュメを新調しました。

就業規則のセミナーというと、文言をどうしたほうが良い

とか、そういった話になるのですが、

今回は、新たな試みをしてみました。

どういうことかというと、

実務上、よくある相談をもとにして、

それを解決するにあたって、どう対応をしていくか、

それのときに、就業規則の定め方如何によって、

取れる選択肢が狭まってしまうのではないかとか、

就業規則をこのように定めておいたからよかったとか、

そういった生の事例を前提として、解説をしていきました。

なので、様々な問題についての実務対応についても時間を割くことになり、

果たして、就業規則のセミナーなのだろうか?

としゃべりながら、不安になっておりましたw

咳もまぁまぁとまらなくて、もしかしたら、音声では聞きずらいかもです。

申し訳ございません。

髪の毛を短髪にして、初の公の場w

短髪にして何を目指したのかは↓で

イメチェンして木村拓哉さんを目指した結果

 

3週間程度経ったので、なんとなく落ち着いてきた感じですね。

 

また、今回は、質問用紙を用意して、

そこに質問を書いてもらう形にして、

最後、回答するというスタイルをとりました。

そうしたところ、なんとなんと。

25人程度の先生方から、ご質問をいただきました。

これを全部回答せねばならないと思いましたので、

最後の30分を質問に対する回答に回したのですが、

15分程度、お時間を超過してしまいました。。。

途中で帰られた先生方、すみませんでした。

 

そして、終わった後は、任意参加の飲み会へ。

ゼミに出てくれている先生方、お友達、

それから、はじめましての先生方、合計15名程度の先生方に

ご参加いただき、楽しいお酒を飲みました。

5時から11時過ぎまで飲んでしまいましたw

 

そして、気になるセミナーのアンケートですが、

多くの先生方から、満足できた~という意見をいただきました。

ホッとしました。いくつか掲げさせていただきますね。

お褒めの言葉ばかりで、ありがたやありがたや。

 

・書籍のウラにこんな事例があるということが理解を深めた

・具体的なことをたくさん教えていただいて良かったです

・事例が多くてイメージしながら理解できました。

・Q&Aの時間が多くて良かったです

・易しい言葉で短く話して下さるので理解しやすいです

・現場での実例を交えての講義は説得力に富み、腹落ちしやすい

・実務に詳しくユーモアがある

・わかりやすく別の話も聞きたくなりました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です