ケルン放送交響楽団@サントリーホール

Pocket

今年の最後のクラシックコンサート

ケルン放送交響楽団@サントリーホール

なかなか良いお席でした。

指揮者は、マレク・ヤノフスキ

伝統的なドイツ音楽における偉大な巨匠の1人。

ワーグナー、シュトラウス、ブルックナー、

ブラームス、ヒンデミット、新ウィーン楽派

についての解釈が世界的に定評があるとのこと。

ケルン放送交響楽団は、70年以上に及ぶ歴史の中で、

ヨーロッパの最も重要な放送管弦楽団のひとつとしての地位を確立。

スタイリッシュで多様性に富んだ高い芸術的完成度がトレードマーク。

 

今回もプログラムを購入

 

自分の大好きなベートーヴェン交響曲第7番

いわゆるベト7

これ聞きたかった~

 

 

自分が行ったのは、このプログラム

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番変ホ長調作品73「皇帝」

チョソンジンによるピアノ。

結構、良かったです。

後半は、ベートーヴェン 交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」

 

これらもなかなか良かったです。

今年1年も、たくさんクラシックコンサート

に連れて行ってもらいました。

玄人の皆様、いつもいつもありがとうございます。

少しずつではありますが、一般教養がついてきているかな。

芸術の秋ももう終わり。もう冬に突入です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です