フィルハーモニア管弦楽団@東京芸術劇場

Pocket

今年2回目の音楽鑑賞。

今回は、久しぶりの東京芸術劇場

フィルハーモニア管弦楽団

指揮者は、エサ=ペッカ・サロネン

席は、めちゃくちゃいいところでした。

1階真ん中、前から10席目あたり。

 

これ指揮者。イケメンですな

 

今回の演目は、

マーラー交響曲第9番 ニ長調

略して

マラ9

 

1時間30分もの長編です。

マーラーは、曲が長いのが特徴

 

マーラーの交響曲第9番は、

最後の作品。

この作品は、「別れ」や「死」のテーマによって貫かれていることが印象づけられるもの。

その理由として、終楽章の最後の小節に、

マーラー自身がersterbend(死に絶えるように)と書き込んでいるらしい。

確かに曲の最後は、死に絶えるようにという感じであった。

最後の最後、死に絶えるように、長く長く、小さい音が継続するのが特徴かな。

 

 

ちょっと長すぎて、途中でダレぎみになるのですがw

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です