労働法務のチェックポイント

Pocket

最近、弘文堂から、実務の技法シリーズ

という書籍が出ておりまして、

労働法務のチェックポイントがあったので、購入。

同期の高仲幸雄弁護士も著者の1人として書かれています。

 

 

 

【紹介文の引用です】

中小企業の職場でありがちな法律問題を、

使用者側の観点から解説した書籍。

公法(労働基準法など)と私法(労働契約法など)にまたがる

労働法分野には特有の難しさがあり、実務家には、

クライアントに対して事案の性質と労働法の特殊性を踏まえた

適切なアドバイスをすることが求められます。

また、中小企業にありがちな労働法軽視の姿勢には

大きなリスクがあることを知ってもらうのも、

実務家の大切な役目です。

本書は、主に使用者側の観点から、

主として中小企業の顧問弁護士が直面しがちな

ケースを想定して、適切な実務対応を解説。

本シリーズの特徴である【対話】と【チェックリスト】によって、

これまで労働分野に疎かった人にも易しい内容となっています。

「働き方改革」で目まぐるしく変わる労働法分野

の最新法改正も見据えた、必携の一冊。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です