癒やしの里当部 名水東又泉@徳之島

Pocket

徳之島では、観光に連れて行ってもらいました。

癒やしの里当部 名水東又泉@徳之島

この御紹介は→こちら

【見所紹介】

真っ赤な鳥居をくぐり、

誘い込まれるかのように

幻想的な森の小道がはじまります。

最初に出会うのが、

小さな祠(ほこら)の中の

当部の守り神であるビンジルガナシ。

人の頭ほどの大きさのくびれのある石のことで、

この石を持ち上げたときの重さの感じ方によって

吉凶を占ったとされています。

遠い昔の人々は、守り神であるこの小さな石に

なにを想い、なにを願ったのでしょうか。

つぎは大迫力の大木、オキナワウラジロガシ!

りっぱな板根(根)が「見てくれ!」と、

言わんばかりに堂々とその姿をみせつけてくれてます。

「おぉ~~!」と声がでるほどのド迫力!

 

 

 

 

 

 

あまり見たことない植物とかがあって、

おもろいなぁと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です