犬田布岬@徳之島

Pocket

今回も続きます、犬田布岬@徳之島

徳之島の最西端、島の南西部の東シナ海に

三角形に突き出した琉球石灰岩の海蝕崖の岬。

奄美群島国立公園の一部であり、

奄美十景のひとつにも選ばれています。

高麗芝の広場には戦艦大和の慰霊塔がそびえ立ち、

4月7日には慰霊祭が執り行われ、ご遺族をはじめ

多くの人々が集まり、祈りをささげ、

平和を誓う場所でもあります。

 

第二次世界大戦末期、山口県徳山港から

沖縄へ向かう途中沈没した戦艦大和の慰霊塔で

昭和43年(1968)に建てられ、

高さは大和の司令塔と同じ24mです。

のちに実際には、戦艦大和が沈んでいる場所は、

北緯30度43分、東経128度04分(鹿児島県枕崎市の西南西、約200km)

水深345m地点と判明しますが、元乗組員の証言

『徳之島西方二〇浬ノ洋上、「大和」轟沈シテ・・・』

からこの地に建てられたとのことです。

 

風が強すぎて、飛ばされるかと思った。。。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です