3D立体快適マスクフレーム

Pocket

今日もちょっとしたグッズの紹介。

マスクが常備品になりましたからね。

マスク結構暑いじゃないですか。

ということで、

日本経済新聞北陸版の8月13日の記事

プラスチック製品の石川樹脂工業(石川県加賀市)は13日、マスクの内側に付けるフレームを発売した。肌とマスクの密着を防ぎ、息苦しさやメーク崩れを防ぐ。インターネット通販サイト「アマゾン」で販売する。

樹脂製の「3D立体快適マスクフレーム」は金沢市のデザイン会社、secca(セッカ)と連携して開発した。マスク内側の空間を広げて唇が触れないようにすることで、呼吸や会話がしやすくなる。蒸れや肌荒れも抑えられる。洗剤や消毒用アルコールなどで洗って繰り返し使える。

黒と白の2色あり、3個入りで480円。使い捨てと布製のどちらのマスクにも使える。医療機関に提供したり、スーパーやドラッグストアで販売したりすることも視野に入れている。

 

それが、こちらです!!

 

こうやってマスクの中に入れます。

 

おおおお、涼しいわ。

蒸れないわw

ちょっと口の横にあたるのが??

っていう違和感あるけど、慣れれば問題なし。

いろんなアイデアがあるなぁと感心した次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です