鬼滅の刃@吾峠呼世晴

Pocket

鬼滅の刃、まっちゃ流行ってますね。

一番最初に鬼滅の刃が面白いと聞いたのは、確か、

東京都労働委員会の期日が終わって歩いているときだったはず。

もっとも、そのときの説明では、面白さがわからなかったw

そんな冗談は置いておいて、先日、大人買いしてしまいました。

全部で23巻、外伝もついて24巻。

新宿の紀伊国屋書店で買いました。

レジに並んでいる人の大半が、「鬼滅の刃」を買う人。

すげぇ売れてますね。これ。

そして、昨年内に読み切りました。

 

読んでいる最中は、もう止まらない。止まらない。

ただ、最後の5巻くらいは、1日の出来事ですよねw

なんとなく読んでて、巻きに入ったなと思いました。

最後の展開はさておき、努力が花を開くというのが共感を呼んだのかもしれませんね。

竈門少年の人間性は、人々の心を打ちますよね。

面白い漫画でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です