2021年版 人事・労務の手帖@産労総合研究所

Pocket

先日、少しだけ執筆に関わらせて頂きました

人事・労務の手帖@産労総合研究所

が、2月4日に発刊されます。

購入は⇒こちら

こんな感じの表紙です。

 

以下のような紹介があります。

これまで年度版として発刊していました

『賃金・労働条件総覧(賃金交渉編)』および『賃金・労働条件総覧(労働条件編)』を統合、

リニューアルし、年度版「人事・労務の手帖」として発刊いたします。

2020年は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大への対応に追われた年でした。

2021年はどういう状況になるか、予測は大変困難ですが、時限的な対応からもう少し恒常的な施策へ、

あるいは柔軟な新しい組織のあり方が検討され、デザインされていくのではないでしょうか。

本書は、その際に必要となる情報を網羅し、コンパクトにまとめたものです。

2020年に改正された法令の他、今後1年の検討課題となりそうなテーマを選び、

第一人者の方々に実務的解説をしていただき、人事のトレンド、

話題のキーワードをその背景から理解するに最適な1冊となっています。

 

 

 

 

 

 

 

僕は、パワハラを書かせていただきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です