「通勤バスも仕事場に 東急がシェアオフィス車両」って記事を読んで思ったこと

Pocket

2月16日の日本経済新聞を読んでいたところ、

面白そうな記事があったので。

通勤バスも仕事場に 東急がシェアオフィス車両

東急は15日、田園都市線のたまプラーザ駅(横浜市)などと

東京都心部を結ぶ通勤バス「サテライトビズライナー」

を報道陣に公開した。シェアオフィスを兼ねるとうたい、

実証実験として16日から4月28日までの平日に運行する。

新型コロナウイルス禍で鉄道利用が低迷する中、

働き方の変化に合わせた新しい移動需要を捉える。

バスは36人乗りで無料Wi-Fiやトイレを備える。

たまプラーザ駅から渋谷駅までの大人運賃は1千円に設定、

通勤定期所持者は100円を割り引く。

以上、引用

これを読んで最初に思ったことは、

これは労働時間なのか?通勤時間なのか?

ということ。

職業病ですかね。。。

通勤時間は、労働時間ではないですよね。

でも、考えてみると、電車の中でも、パソコンで

仕事している人いますよね。

それって労働時間?

いや、会社は指示してないぞ。

なんてことを考えてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です