弁護士の営業活動?

Pocket

僕は、中小企業診断士の試験を取ってから、はじめて、

マーケティングというものを意識するようになりました。

まぁ、恥ずかしい話ではありますがw

最近、Facebookをみると、広告として、

弁護士の営業活動!!

みたいなものが目につきます。

それを見る度に、弁護士の営業活動ねぇと思ってしまう自分がいます。

ん、何?交流会に行って知り合いを増やす?

ロータリークラブに入る?

色々とありますよね、いわゆる営業活動。

そこまで成功しているわけではありませんが、個人的に一番思うのは、

事件にひたむきに向き合い、最善を尽くすということが一番の営業活動なのかなと。

つまり、事件に全力で向き合い、自分の能力を高める。

それが一番なんじゃないかなと。

まぁ、そんな綺麗ごと言ってんじゃねーよ、って言われそうですけど。

ほんとにそう思うんだもん。

昔、ある社労士の先生から言われたのは、

① 岡ちゃんはさ、仕事欲しそうにしないもんね、それがいいんだよね、信用できるよね。

② あなたに色々と仕事をお願いしても、忙しいって断られるから、このままだと高飛車だって思われるよ

です。

これは違う先生が仰ったことです。

①については、事務所の仕事が忙しくて、本当に受ける余裕がなかったのですが、それが良かったみたい。

②については、①と真逆の評価。

うむ、難しいですの。

営業ってことを一回頭から切り離して、自己研鑽をすることが大事ではないかなと。

まぁ、戯れ言かもしれませんがね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です