褒めることの大事さ

Pocket

今、うちの事務所は、ボスと僕と小池弁護士の3名。

6月からもう1人、新しく弁護士が入ってくる予定です。

3月に髙津弁護士が事務所を退所したこともあり、

バタバタしている感じです。

そのような中で、労働審判が2件起きましたw

パネェ状態ですw

まぁ、そこまでではないんですけどね。

小池弁護士、幸運なことに弁護士になって1年目は、労働審判がなかったんです。

団体交渉とか、裁判とか、不当労働行為救済申立事件とか、そういったものは経験したのですが、

労働審判はなし。

労働審判で何をやるべきかをレクチャーし、愕然としてましたw

そんな中で、1件は僕は担当してなくて、ボスと小池弁護士とで担当しているのですが、

ボスが、おもむろに、僕の席に来て、「小池さん、記録よく読んでるし、文章もなかなか良いじゃないか」

って言いましてですね、僕は、心の中で、「1年間の教育の賜ですよ」と叫んだのですw

それで、ボスには、小池弁護士に言ってあげればいいじゃないですか、褒めたら喜びますよと言ったら、

ボスは、「つけあがりそうだから、言わない」ってwww

ええええええーーーーーーーー。ってことで、

ボスが帰った後に、小池弁護士に、ボスが褒めてたことを伝えてあげたら、

なんか、テンションがすげーアゲアゲになってましたw

ほんと、褒めることは重要ですな。

色々と負荷がかかっていて、精神的にも肉体的にも大変だとは思うんだけど、

褒められると、なんかやる気出てきますよね。

その気持ちは良く分かる。

褒めることは大事だなと感じた一日でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です