新しい弁護士が加入しました

Pocket

今年6月1日から、当事務所に新しい弁護士が加入いたしました。

もうですね、ほんとに人手不足でして。大変だったんですよ。

高津弁護士が3月末に事務所をでて、

4月1日にボスが戻ってきて

もうてんやわんや。

あれ?どこかおかしいか?

まぁ、いいか。

新しい弁護士は、

木村俊一朗弁護士です。

72期です。

小池史織弁護士と同期です。

修習生の時は知らなかったようです。確か。

経営法曹会議のとある先輩からの紹介。

そしたら、たまたま、よく知っている事務所に所属していました。

前に所属していたのは、

八重洲総合法律事務所。

木村弁護士の退所についても書かれています→こちら

個人的には、もう1人、2人、弁護士が加入してくれると、

安定するんだけどなぁと思っています。

まぁ、まだまだ先のことかな。

でも、小池弁護士にとっては、脅威だろうなぁ。

自分が小池弁護士の立場からすると、同期が入ってくるってことは

イコール、比べられるってことだからね。

まぁ、木村弁護士にとってもそうだけど。

僕は、同期が事務所に入ってきた経験はないから、正直あまりわからないけど、

弁護士になって3年後に茶谷弁護士が加入してきたとき、多少は緊張したもんなぁ。

いずれにしても、切磋琢磨してもらって、相乗効果で、より二人とも伸びるというのが一番良いかな。

と上から目線で言ってみたwww

それから、木村弁護士が、弁護士会の雑誌、博報堂事件について書いてるの発見→こちら

うん。うちの事務所で研鑽すれば、もっと深い考察ができるようになるはずですので、こうご期待!

ちなみに、僕があるところで説明した博報堂事件のレジュメを公開

210606 【blog用】 博報堂事件解説れじゅめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です