経営悪化につき、定年後再雇用者の労働契約を期間途中で解除できるか

Pocket

こんにちわ。

久しぶりに労政時報に寄稿させていただきました。

お題は、こちら

経営悪化につき、定年後再雇用者の労働契約を期間途中で解除できるか

というものでございます。

じゃじゃーーん!

回答としては、

契約期間中の契約解除は、定年後再雇用者であっても、

通常の整理解雇に比べて厳格に判断されるため、

認められる可能性は低いと考えておいたほうが良い。

期間満了まで待てない理由を合理的に説明できることが

最低限必要。

 

 

と書かせてもらいましたが、とっても悩ましい問題でした。

労働契約法17条では、有期雇用契約の期間途中の解雇について

書かれていますが、その兼ね合いですね。

そして、それが整理解雇の場面ではどうなるのか。

定年退職後再雇用者の人員削減は、

正社員にとっては解雇回避努力義務の履行の1つ

になるわけで。

すんごく逡巡していることがわかる解説になっていますw

悩んだ跡をみたい方は是非、労政時報4020号をお手にとっていただければと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です