フリーランスハンドブック

Pocket

先日、フリーランスハンドブックいただきました。

フリーランスを巡る労働法的な問題点について

色々と書かれている書籍。

第二東京弁護士会の労働問題検討委員会

の先生方が書かれている書籍。

なんでもらったかというとですね、

テニス仲間で、そして、中小企業診断士

一発合格道場の仲間でもある、→こちら

平岡卓朗先生からいただいたのです。

 

ありがたやありがたや。

勉強させていただきまする。

 

9月10日 外山滋比古(お茶の水女子大学名誉教授)

人生の後半をどう生きるか

これをみたときに、自分は、もう人生の後半にいるのだろうか?

ということでした。

もう44歳。ということは、人生の後半に既にいると思われます。

88歳まで生きられるとは思わないので。

もうそんな歳か・・・というのが正直なところ。

26歳で弁護士になって、ずーーーーと止まることなく(自分の感覚としては)、

走ってきた感じがします(そうじゃないかもしれないけど)。

でも、時代は変わり、社会も変わり、自分も変わらなければならないなと。

変化できないものは絶滅する。

失敗したっていい。変わってみよう。

もう何にも制約されないで、自由になろう。

もとから自由じゃないか!って突っ込まれそうですけどねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です