つけ蕎麦BONSAI中野店

Pocket

先日、前々から気になっていたお店に行ってきました。

中野駅南口から歩いて3分程度。

家系らーめんの武道家さんの横

つけ蕎麦BONSAI中野店

食べログでの紹介は→こちら

お店のHPは→こちら

ちょっとシャレオツですね。

若者対象のお店でしょうかw

 

メニューがこちら。

 

こだわりは以下の5つとのこと。

【其の一】
オリジナル調合の鰹・鯖・宗田等の節をたっぷり使用。

【其の二】
使用する返し(タレ)は、試行錯誤の末辿り着いた独特のレシピ。使用するまでに1週間程ねかせます。

【其の三】
蕎麦はそば殻を混ぜ込み、スープに負けないよう改良した黒くて太い特注の日本蕎麦です。

【其の四】
大量の鶏皮から取る純度100%の鶏油、数種類の天然スパイスを煎ってから砕いて混ぜた特製スパイス等の調味料。

【其の五】
野菜は新鮮な国産のものを使用し、全て店内手作業で仕込みます。

 

でてきましたよ!

セットを頼みました。

つけ汁、とってもうまい!

そして、野菜をつけ汁に入れて食べると

凄くおいしい。

炊き込みご飯もうまい。

蕎麦に入っている鶏肉もうまい。

 

辛さを少し強めにしました

 

この肉が美味しかった。

 

炊き込みご飯も味よし

 

全体的に美味しかったです。

蕎麦自体が、個人的にはちょっと好みではなかったかも。

 

10月27日 山田恵諦(比叡山天台座主)

一隅を照らすとは、仕事に全力を注ぐこと

 

そして、仕事をする上では、

忘己利他(もうこりた)

でなければならないと。

自己の利益を顧みず、他のために全力を尽くせば、

誰でも「あの人は立派な人や」ということになる。

たとえ口には出さんでも、皆、感謝の念をもって

後からついていこうとするでしょう。

 

とありますが、自己の利益を顧みず、他のために全力を尽くす

言葉としては綺麗だし、そりゃ、そうだよねって思いますが、

本当にそんなことができるのでしょうか。

個人的には、最近、色々と事務所のことを考えていて、

インターナルマーケティングって重要だと思うんですよね。

自分たちが幸せでなければ、お客様を幸せに何てできない。

全て自己犠牲というのはもう違うんじゃないかと。

そりゃ、自己犠牲と言う言葉は綺麗ですが。

自分たちを幸せに出来ないで、他人を幸せにする

なんてことできるのかな。

なんて、毒を吐いてるみたいになっちゃいましたがwww

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です