新進気鋭恵比寿店

Pocket

先日、小池弁護士の送別会第三弾

ということで、小池弁護士がかねてから

行きたいと言っていた新進気鋭さんに。

合計4名で行って参りました。

このお店は、会員制

予約を取るのも結構困難な人気店

そして、場所も非公表

かっこええ。

 

本日のお品書き

 

ナムルの盛り合わせ

 

お野菜。ケールを揚げてるんだったかな。

 

本日使用するお肉

映えるね~

 

トリュフ載せたユッケ

 

タン!タン!タン!

 

いやはや、美味しいに決まってるでしょ

 

ハラミさん。

 

わさびと合うねん

 

厚切りフィレ

 

うわぁーーー

 

キャビアという高級食材を

 

タレのフィレ肉

 

サーロイン!!

 

ご飯にのっけて食べまする

 

お酒は、小池弁護士が呑んだものです。

僕は、この日は、山﨑ハイボールと

魔王のソーダ割のみ。

レモンサワーのもとだったかな?

 

日本酒オンパレードです。

日本酒好きなのよ、彼女。

 

ざくざく呑んでました

 

どんだけ呑むねん

 

まだまだ行くかw

 

田酒まで

 

デザートワインみたいのが欲しいと

言ってました。

ほんとよく飲みますわw

 

デザート

 

いやはや、ごちそうさまでした。

とりあえず、これで送別会は一旦、終了。

 

11月16日 堺屋太一(作家)

織田信長の驚くべき斬新性

織田信長は、「銭の経済」というものを考えた。

それまでは土地・米の経済だったのを銭の経済に変えた。

ふむふむ。斬新って大事よね。

僕がこれまでの人生で、一番斬新なコトしたなって思ったのは、

年賀状です。

僕は、小さい頃から、どちらかというと、

創造性があまりなくて、言われたことをきっちりやるタイプ

です。そのため、独創力とか、そういったものが欠けている。

そんな自分が嫌いで、想像力豊かな人を見ると、とってもうらやましかった。

そんななかで大人になっていき、何かおもしろいことできないかな、

って思いついたのが年賀状を2枚出すということ。もう何年前になるかな。

最初に、2枚の年賀状を出すことを思いついたとき、身震いしました。

今まで、2枚の年賀状をもらったことはない、

そして、誰でも思いつくアイデア、

これはやばい。凄い発想だって。

始めて2枚だしたときの年賀状です。

懐かしい。

171215 校閲② 岡崎先生 2018年度 年賀状

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です