東京チャイニーズ一凜@新富町

Pocket

先日、お客様にお連れいただいた中華のお店

東京チャイニーズ一凜@新富町

食べログでの紹介は⇒こちら

四川飯店の流れを汲むお店とのこと。

新富町の駅から歩いて3分くらいですかね。

お洒落な感じでもあり、カジュアルでもあるお店でした。

これが、本当に美味しかったです。

そして、面白い紹興酒にも出会えました。

 

まずは、上海蟹の紹興酒漬けから

味噌がいいっすね。後引く感じ。

 

お店の名物のよだれ鶏。

これ、まじで美味しかった!

タレもそうだけど、鶏も本当に美味しい。

雑味が全くない。

 

シュウマイも、よだれ鶏のタレにつけます。

 

いろんなキノコとスッポンのスープ。

いやはや、こりゃ贅沢すぎるわ。

 

フカヒレの姿煮。とろけるっす

 

黒酢の酢豚。オサレすぎる。

そして、おいしい。黒酢がいいですね~

 

ええと、これは何だったっけwww

海老芋だったっけ?

 

上海蟹のおそば。

 

麻婆豆腐に白子入り。うみゃーーー

 

そして、白米も。

 

デザート。紹興酒のプリンだったかな?

 

お店も満席のようでしたので、繁盛されているお店かと。

その理由は本当に良く分かります。

ほんと、美味しかった。お客様に感謝感謝。

 

11月22日 青木定雄(MKグループ・オーナー)

一流の人間は一流の生活をすべし

タクシー運転手は宇宙より重たい命、

世の中に1つしかない命を預かっている。

だから君たちは大変立派な仕事をしているんだ。

一流の人はいいところに住み、いいものを食べて、

いいものを着て、高級なサービスをするべきなのだ。

経営者はゴルフなどにうつつを抜かすよりも、

自分の社員を大事にする必要がある、そのためには、

常に自分の職場にいないといけない。

 

なるほど。一流の人は、一流の振る舞いをし、そして、

一流のサービスをする必要があると。

一流であるからこそ、一流のサービスが出来るんだ

ということのようですね。

サービスというのは自分の能力の範囲内でしかできない

ってことになるので、確かにそうだなぁと。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です