キングダム63巻

Pocket

先週、漸く、キングダム最新刊が出ました。

もう63巻か。

やべぇ、最新の話を忘れてもうた

復習してからかな。

 

11月23日 東井義雄(教育者)

どの子も子供は星

人間に屑はない。その子供しか持っていない光がある。

「どの子も子供は星。みんなそれぞれが、それぞれの光をいただいてまばたきしている。

僕の光を見てくださいとまばたきしてる。私の光も見てくださいとまばたきしてる。

光を見てやろう。まばたきに応えてやろう。光を見てもらえないと、子供の星は光を消す。

まばたきをやめる。光を見てやろう。

そして、やんちゃな子供からは、やんちゃな子供の光、おとなしい子供からはおとなしい子供の光、気の早い子供からは気の早い子供の光、ゆっくり屋さんからはゆっくり屋さんの光、男の子からは男の子の光、女の子からは女の子の光、天いっぱいに子供の星を輝かせよう」

と言い続けてきた。

 

なんだかほっこりする話題。

最近は、学業が、塾が、塾での成績がとか、色々と小学生を

苦しませていますが、本当はこれなのよね。

でも、そうも言っていられない現実というものもある。

僕は、小学校1年生のときに公文に通わされて、

小学校4年生のときに塾に通わされて、中学受験をして、

法政一中に入り、ずっと法政で過ごしてきたわけですが、

今思えば、中学受験をしてよかったなと。

だって、中学入ってから楽だったし。色々と部活もやり、

ゲームセンターでも遊び。女子とは交わらなかったけどwww

吉祥寺でカツアゲにもあったな。ゲームボーイやりながら、

吉祥寺の街を歩いていたら、金出せっていわれて、

金ないといったら、そのゲームボーイ出せって言われて、

いや、これは友達のだから無理と伝えたら、

「けっ、使えねえな」と言われて何も取られなかった記憶がある。

そんなことはいいんだけど、頭が良い子供もいれば、

スポーツが得意な子供もいる。

マインクラフトが得意な子供もいれば、絵を描くのが上手な子もいる。

みんな、子供は宝。序列なんてつけなくていいんだよね。本当は。

なんて理想論を語ってみたwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です