都市対抗野球2021 NTT東日本対JFE東日本

Pocket

先日も行ってきましたよ。応援に

NTT東日本対JFE東日本

手に汗握るシーソーゲーム

延長線でも、白熱。

4時間を超える熱戦

結果は、7対5でNTT東日本の勝利でした。

この日も、飯塚采配が冴え渡る。

嗅覚というのですかね、凄いです。

流れを食い止める采配。

「動の飯塚」←これ、勝手に僕が命名しましたwww

この日の都市対抗野球ダイジェストから参りましょう。

 

東京勢が4強のうち3つ。

まずは、序盤の動画から。

40秒あたりに真ん中に映っている応援団の方が、今売り出し中と思われます。

なぜなら、うちわを2つ持ってるから。

そして、彼は髪の毛をばっさりと切って、あっさりしました。

体のキレがいいんすよね、彼、僕、彼のファンです。

こうみてるとさ、応援っていいよね。

7分20秒あたりに注目してください。

真ん中からやや右の応援団の彼が、手を振りながら、

行進しているんです。これ、極めて大事。

手を抜かない精神ですよ。これが。

 

そして、これはドラゴンクエスト。

 

これは4分40秒あたりから30秒が凄いいい!

5分50秒あたりも黄色い女性の動きがかわいい。

上川畑選手は、日ハムに行くのですが、走攻守揃った良い選手ですね。

あとですね、9分45秒から見てください。

飛び跳ねる姿がとっても可愛いです。

 

ボスとの会話も入っていますwww

22時過ぎると、マイクと演奏はなしになります。

初めてや。

 

準決勝で負けてしまいましたが、来年こそ!

来年の都市対抗野球は、いつも通り夏なはずなので、応援の練習しときます!

 

12月8日 大石邦子(エッセイスト)

生かされている実感

半身不随の方のようですが、最後にこのように綴っています。

私は生きているのではない、多くの命の絆に結ばれて、

生かされているのだ。素直にそう思えました。

 

生きているのではなく、生かされている。

そもそもを考えてみると、みんな人間は、母親から生まれる。

その時点で、生かされたと考えるべきか。

そして、生かされたことが続くのが人生。

みんなに生かされていて、自分がある。

となると、他の人も、みんなに生かされている。

その中の「みんな」の中に、「僕」もいる。

なんてことを考えていったら、何が何だかわからなくなってしまったwww

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です