書籍を書かせていただきました

Pocket

先日、新日本法規出版さんから、

就業規則からみる メンタル不調の予防と対応

-規定整備のポイント-

を出させていただきました。

こんな感じの表紙です。

 

はしがき

ちょっとおもろいことが書かれているかもwww

24時間闘えますか!だと?

 

 

 

執筆者一覧。

これですね。法政つながりの昔からの呑み友達ですwww

当事務所に加入いただいた脇田先生も書かれています。

西尾さんは、現在の第一東京弁護士会の副会長。

 

それとですね。今回の書籍発刊に向けて

コラムを書かせていただきました。

コラムは→こちら

新日本法規さんのコラムって結構真面目なものが多いんです。

そんな中で、軽いタッチで軽いノリで、書いちゃおうかなと。

メンタルヘルスはベタなテーマかもしれないけど・・・

なんていう題名自体、大丈夫か?って感じですよね。

是非とも読んでみて下さいw

原田満先生のコラムは→こちら

ウム、真面目や。持続可能な雇用・SDGsな労使関係。

最近の流行りの言葉までまぶして、うまいな。

 

12月21日 一川 一(剣道教士八段)

剣道家の真価が問われる時

父親から以下の諭しを受けた。

「お前は道場の門をくぶる時、『よし、やるぞ』と両刀手挟んで入ってくるが、それは逆だ。日常こそが本当の真剣勝負の場であり、道場から出ていく時にこそ気を引き締めなければならない」

確かに道場の中は、防具を着け、指導者の下で技術を修める場にすぎません。

剣道家としての真価が問われるのはまさに日常の場なのです。

 

日常こそが真剣勝負の場。

そう、日常をどう過ごすかが大事。

これは剣道家だけに限らない。

日々、どう生きるかが大事。

常に前を向いて、行きたいなと思う今日このごろ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です