3訂版 使用者側弁護士からみた標準 中小企業のモデル就業規則策定マニュアルが出ます

Pocket

年の瀬が迫ってきました。

実は、先日書籍を出したばっかりですが、

来年2月5日に、

使用者側弁護士からみた標準中小企業のモデル就業規則策定マニュアル

の3訂版が出ます。

アマゾンで予約が開始されたとのことです⇒こちら

今、最後のチェックをしていて、年始に日本法令さんにお渡しします。

今回は、テレワーク規程も入れたし、

また、基本給の減額、降格に伴う基本給の減額

あたりについて、少し突っ込んで記載を付加したりしました。

あ、あと育児介護休業法の改正も。

一応、表向き、事務所は昨日で年内終了ですが、もちろん、

今日も来ています。今日から本番ですwww

 

12月28日 井山裕太(囲碁棋士)

負けて泣いているだけでは強くならない

負けて泣いているだけでは何万回対局しても強くならない。

なぜ負けたか、それを自分なりに反省して、

次に生かさないと成長しないよ

と小学生のときに師匠さんから言われたとのことでした。

 

敗因分析の必要性ですよね。

何故負けたのか。負けには負けの理由がある。

これは野村監督の言葉でしたっけ?

負けを振り替える作業というのは本当につらい。

けども、それをやらなければ進化しない。

僕なんかも、案件が終わったときに、あのときに、

こうしていれば、もっとよかったのかもしれないとか、

色々と考えます。これまでは、何となく、おおまかに考える

という程度でしたが、来年からは、案件が終わった毎に、

反省点と良かった点を時間をかけて検討し、今後に活かせるように

したいなと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です