残りものには、過去がある@中江有里

Pocket

先日、一気に読んでしまった小説。

残りものには、過去がある@中江有里

なんか題名だけ見ると、

おいおい、いいのかって感じですよねw

そして、この結婚は、玉の輿?打算?それとも・・・

なんて書かれるとね。

 

「あの子さ、やっぱりお金目当てかな」まだ肌寒い春の日、清掃会社の2代目社長・友之と、同じ会社で契約社員として働く早紀の結婚式がはじまった。18歳差のカップルを揶揄する声を耳にしつつ、栄子は披露宴の祝辞に臨む。今日初めて会った新婦の友人代表としてー。列席した新郎の旧友、新婦の従姉、そして主役の二人も、人には言えない秘密を抱えていた。誰かの幸せを祈りたくなる6編!

 

いやーーー。面白かった。6編の短編だけど、それぞれの話がつながっています。

人間誰でも、人には言えない秘密ってあるよね。

みんな、色々な葛藤を抱えて生きている。

そして、最後のあたり、とても感動。

心が温まるお話です。

恋愛小説ではありませんw

 

4月7日 田中繁男(実践人の家副理事長)

それで、あなたは何をしましたか

教育とは何をしたかである

あなたはこの一週間何をしましたか

 

問題解決にあたって、見ているだけではなく、何をしたのかが大事。

動かないといけないよね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です