誕生日は母親に感謝する日

Pocket

本日、45歳の誕生日を迎えました。

僕が生まれたのは、昭和52(1977)年4月26日です。

誕生日というものは、小さいときは嬉しいものですが、

大きくなるにつれて、嬉しくないというか、

あぁ、また歳をとったかという現実を突きつけられる日でもあります。

ある時、このブログでも書いたと思うのですが、

毎日お言葉を引用させてもらっていますが、

誕生日とは、母親に感謝する日だということが書いてあったかと思います。

また1つ歳を取れたのも、産んでくれた母親がいたから。

だから、1年に1回、誕生日に母親に感謝する。

誕生日は祝ってもらうものではなく、母親に感謝する日。

 

自分の小さい頃の写真を眺めてみる。

 

弟が生まれた時

 

母親が若いw

 

昔ながらって感じですねw

 

細いな、自分。

 

 

中学生の時

 

 

高校生くらいの時

 

でも、祝ってもらうのも、この歳になっても嬉しいかもw

 

4月25日 安岡正篤(東洋思想家)

人物の条件

第一に、人物なるものの内容であります。内容の先ず看過することの出来ない根本は何か。

それは吾々の活力であり、、、、

 

やばい、読んでて全くわからない。理解ができない。

なんでだろうw

本当に言っていることがわからない。難しすぎた。

3回くらい読み直したけど、わからない。

まぁ、読み飛ばすかw

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です