働きやすさこそ最強の成長戦略である@大槻智之

Pocket

先日、お友達の大槻智之先生が、新刊を出されました。

その名も、なんと、

働きやすさこそ最強の成長戦略である

なんだか、興味がひかれるタイトルですね。

社員の幸福度と会社の業績が好循環でまわる秘密

 

大槻先生の略歴。

日本で有数の社労士事務所である大槻事務所の最高責任者。

 

はしがきでは、熱い言葉が書かれています。

現在は、総活躍時代といわれています。

それまでスキルを培い、能力を発揮して活躍してきた人たちを、なるべく離職させない働き方ができるような仕組みを整えることが、本当の働き方改革だと私は考えます。

 

とっても面白そうな書籍です。

色々と参考にさせていただこうっと。

 

5月7日 染谷和巳(アイウィル主宰)

会社は人間修行の道場

修行の場だと思えば、多少のことは辛抱できる。今は泣きたいこと、怨みたいことがあったとしても、それを修行と捉えて乗り越えた時、自分が一回りも二回りも大きく成長していることを知るだろう。

そのように考えると、会社と自分との関係を単なる雇用関係と割り切るのは、あまりにもったいまいし、残念な仕事観である。

 

修行かぁ。生きること自体が修行のような気もするw

いや、違うか。生きることは楽しいもんなぁ。

そして、仕事も楽しいと思えば楽しい。

修行と思わなくても僕は耐えられるかもwww

いや、無理か?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です