急増が予想される不払い残業代請求に備えるための実践解説講座@LCG

色々な報道等もなされておりますが、

今年4月1日から、賃金債権の消滅時効期間が、

2年から3年になる(5年だけど当面は3年)

ということで、今後、未払残業代に関する問題が

より多くなるとともに、企業にとっては、より一層の

リスク増大要因になります。

(さらに…)