労働法の基軸@菅野和夫

Pocket

労働法で一番有名な学者の先生といえば、

菅野和夫先生ですよね。

その菅野先生が、これまでの人生を振り返った

書籍を出されたと聞いて、本屋行ったら見つけたので、

即購入!!

労働法の基軸@菅野先生

 

広く、深く、揺るぎなく。

社会の変化をみつめ、労働法の変化とともにあった50年

「菅野労働法学」が指し示す、労働法、労働法学のこれまでとこれから

 

表紙がとてもシンプル。

どんぐりが2つあるのはどうしてだ?

目次は以下のとおり

第1章 ふるさとから東京へ

第2章 労働法学へ

第3章 菅野労働法学

第4章 労働政策への関わり

第5章 労働委員会での労使紛争処理

第6章 国際人として

第7章 大学人として

第8章 JILPTの調査研究に参加して

第9章 研究者生活を通じて

終章 労働法50年の変化をみつめて

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です