錦寿し@宝来町

Pocket

函館の第二弾。

初日の昼は、うにむらかみ。

そして、初日の夜は、錦寿し。

ここは、観光客はほとんど来ない、地元の人がくるお店とのこと。

食べログでの紹介は→こちら

カウンターが6席くらいと、小上がりがある感じ。

イカとか、タコとか、色々と切ってくれました。

酒のむ人?寿司食べる人?どっち?

と聞かれまして、酒飲む人と回答w

 

鮑のうろとか、これがまた珍味。

日本酒やね。

 

鮑のうろに、鮑を乗っけるw

 

いかを少し焼いてもらいました。

 

鮑の肝をポン酢で。

うん。美味しい!!!

 

うにを1つ。味が濃いのう

 

いくらもいただきました。

これが酒にあうことあうこと。

 

 

ネギトロを少し。味変ですな。

 

帆立とか、色々と切ってもらいました。

このあたりで、少しきつい。

昼に生物食べなきゃ良かったwww

後悔

 

焼き魚。大きく見えますが、すごく小さいです。

 

鯖。熟成度合いが異なるものです。

 

カニとか、その他諸々w

もうお祭りです

 

 

握りで鮑www

づくしですな

 

マグロをいただきます

 

正直ですね。失敗したと思ったんです。

何がって?

このお店を堪能するには、整えていかないといけないと。

昼に生物食べて、錦寿しに行ってはならん。

満を辞して、整えて、このお店に臨むべし。

次回は、整えて、いきたいと思います。

この反省を踏まえて、次回はもっと美味しく食べるぞ!!

 

5月16日 野中郁次郎(一橋大学名誉教授)

試す人になろう

オプティミズムを根底に、実践のただ中で何がGOODかという試行錯誤を無限に続ける。

真理はあると信じて行動することで未来はひらけてくると思います。

 

常に考え続ける。立ち止まらない。

走り続ける。

言葉でいうのは簡単ですが、なかなか難しい。

でも、1日1回、何か新しいことをしてみよう、考えてみようと思って生きると違うかも。

ちょっとやってみようかな。

三日坊主の可能性大だけどw

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です