中小企業活性化パッケージNEXT

Pocket

先日、中小企業活性化パッケージNEXTが公表されました。

公表は→こちら

経済産業省は、経済環境の変化を踏まえた資金繰り支援を拡充するとともに、

中小企業の収益力改善・事業再生・再チャレンジを促す総合的な支援策を更に加速させるため、

金融庁・財務省とも連携の上、本年3月に公表した「中小企業活性化パッケージ」を発展させた

「中小企業活性化パッケージNEXT」を策定しました。

今後は、本パッケージに基づき、中小企業の活性化に向けた施策を展開していきます。

とのことです。

具体的な内容としては、

1 経済環境の変化を踏まえた資金繰り支援の拡充

ポストコロナへの段階的移行を図る観点から、

事業再構築などの前向きな取組に対する資金需要に応えるため、

伴走支援型特別保証の保証限度額を引き上げます。

また、日本政策金融公庫による実質無利子・無担保融資及び商工中金等による危機対応融資は、

本年9月末で終了しますが、日本政策金融公庫等のスーパー低利・無担保融資は、

来年3月末まで継続し、貸付限度額も引き上げます。

あわせて、借換保証など、中小企業の返済負担軽減策の検討を行います。

2 中小企業の収益力改善・事業再生・再チャレンジの総合的支援の更なる加速

3月に公表した「中小企業活性化パッケージ」の支援策を更に加速するため、

収益力改善支援のための実務指針の策定や中小企業基盤整備機構が出資する

再生ファンドの組成を促す優先分配スキームの創設などの措置を講じることで、

中小企業に対する支援をより一層強化いたします。

また、飲食業・宿泊業支援専門窓口の設置、

信用保証協会と中小企業活性化協議会による連携協定の締結、

サテライトでの相談対応などを実行し、

中小企業活性化協議会の機能を強化いたします。

とのことです。

 

9月18日 日比孝吉(名古屋製酪社長)

悪いが良い、良いが悪い

事故、事件は、会社の蘇生につながる。

みんなが必死になる。本気を出す。

だから「悪いが良い、良いが悪い」。

 

事故という悪いことが起きても、それをきっかけにして、必死になり、結果良くなる。

どんどん成長していけるってことよね。

失敗は成功の糧である。

でも、前提として、事故が起きたら、必死にならないといけない。

必死で本気でやれば、やれないということは殆どないはず。

こういうことを言うと、今の若者には嫌われるわけである。

根性論通って(°▽°)

根性論、個人的には大好きです( ・∇・)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です