調査してもわからないとき

Pocket

日頃、お客様から相談を受けて、知ってることは問題なく回答しますが、

中には、調べないとわからないご相談もたくさんあります。

労働時間の細かいところとか、そもそも考えたことのない問題とか。

まずは、僕が何を調べるかという手順ですが、

① 菅野先生とか荒木先生とかの基本書を見ます。

② コメンタールを見ます。東京大学出版会のものと厚生労働省のもの

③それから、弁護士の先生方が書かれた実務書。

④裁判官が書かれた書籍

大体は、それらを調査することで、類似の裁判例などが出てくるので、

そこで終了なのですが、それでも出てこない問題もあります。

そう言った時は、

厚生労働省本省に電話して聞く

ということをしています。

また、それ以外では、最後の頼みの綱として、

労政時報の相談室を探します。

この労政時報の相談室って、余り考えたことのない問題が結構あるんですよ。

なので、結構参考になります。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です