英語の勉強してたら講演のヒントになることを学べた

Pocket

一応、日々、NHKラジオ英会話、

入門ビジネス英語をやっております。

その勉強をしているなかで、

以下のようなことがテキストにありました。

① 演説の目的は、説明ではなく、聞き手を楽しませることである。

The aim of delivery is not to explain but to entertain the audience.

聞き手が面白く感じないと、頭には入ってこないもんなぁ。確かに。

 

② 何か聞き手の記憶に残るものを加えよ。

Add something for the audience to remember.

僕もいつも1つでも多く記憶に残ることをと意識しています。

 

③ スライドの周りにあることを話せ。決して読み上げてはいけない。

Talk around the slide.Never read it out.

ここ!!これ意識しています。書いてあること読んでも意味ないしね。

 

④熱意、情熱、確信をもって語れ。

Speak with enthusiasm,passion,and conviction.

最近は、しゃべっていると熱意あふれてしまって、

話が脱線することがよくありますw

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です