田村和大さん

Pocket

操る男、筋読み、消えた依頼人

この3冊に共通する点、わかりますか?

分かるわけないですよねw

司法修習56期1組の弁護士、裁判官、検察官ならわかるかな

著者が、田村和大さん

じゃじゃん。

この3冊です。

 

実は、この3冊を書いた田村和大さん

同期同クラスなのです。

先日、同期同クラスのLINEグループで、

田村和大さんが、新しい小説書いたよ!

って情報が流れてきて、即購入。

併せて、これまでに出しているものも購入。

楽しみや。

読みながら、久しく会ってない同期同クラスの著者のイメージを思い浮かべながら。

弁護士による小説なので、裁判とか、そういったところは間違いなくリアルなはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です