人事実務2022年4月号

Pocket

先日、人事実務2022年4月号が出ました。

連載開始から13回目でございます。

今回のテーマは、

活躍につながる受入れ・定着施策

 

そんな特集とはちょっと似ても似つかないテーマ

ユニオン対応にあたっての留意点

ユニオンが介入してきた際の対応方法、大まかな流れを書かせていただきました。

 

4月3日 横田英毅(ネッツトヨタ南国社長)

社員満足度をいかに高めるか

社員が自分で考えて行動を起こすようにするために、社員に意見をどんどん言わせるようにもしました。社訓の中に「参画とは参加することではない、発言することである」という項目を入れ、どんな変な意見を言っても咎めないようにしました。

我々が求めるのは、指示する人がいなくても、皆が瞬時に、今自分が何をやったらいいかがわかる社員です。

 

どんな意見でも言っていいという雰囲気を作るのは大事。

ちょっと違った意見を言ったからといって、それを責めたり、真っ向から否定したり、頭ごなしに批判するのは、良くない。

そうすると、自由な意見が出てこなくなる。

大体、アイデアっていうものは、ちょっと違った意見の中にヒントがあったりするものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です