蜜蜂と遠雷ー映画

Pocket

普段、あまり映画を見ることはないのですが、

今回は、気になっていた

蜜蜂と遠雷

を見てきました。

予告動画は→こちら

どうして、気になっていたのかというと、

この小説を出した出版社が幻冬舎であり、

僕の中で勝手に尊敬しているというか、

熱いパッションを持っている

幻冬舎社長の見城徹さんが、昔、

蜜蜂と遠雷を読んで、これはすごい小説だと思った

ということを言っていたので。

小説買おうか迷っていたのですが、

映画化されるということだったので、購入せず、

全く話は知らないまま映画を見ました。

ピアノコンクールって、最終選考だとオケと一緒に音を奏でるんだ

ということを初めて知りました。

でも、どうしてオケが、

ブラームスの交響曲第1番を演奏し始めたのかは謎ですが

これ、ピアノないですからね。

 

それから、もう1つ勉強になったのは、

モーツァルトのアイネクライネナハトムジーク

ってありますよね。

これを、音楽をやっている方々は、

「アイネク」と省略するんだ~って。

でも、アイネ クライネ ナハトムジーク

じゃなかったっけ?と思って調べてみたら

面白いblog発見しました→こちら

アイネクと略すのはおかしいのではないか?というご指摘。

この数年にわたり、クラシックコンサートに連れて行ってくれる

お友達の多くの方々のおかげで、少しは教養も備わってきたかな。

 

【今日のひとこと】

構えとは、起こり得るすべての状況に対応できる準備である@ブルース・リー

香港の武道家、俳優、脚本家、映画プロデューサー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です