傲慢と善良 辻村深月

Pocket

本屋さんで、一面にあった小説。

そっこーーーで買ってしまいました。

傲慢と善良 辻村深月

題名が、惹かれました。

傲慢と善良ですよ。傲慢と善良という全く反対のこと

でも、何となく、傲慢と善良って、紙一重な気がする。

500ページ近くあったので、読むのに少し時間がかかりましたが、

面白かったです。

「人生で一番刺さった小説」

 

読んでみて、自分自身の傲慢さを認識させられる感じでした。

 

婚約者・坂庭真美が忽然と姿を消した。その居場所を探すため、西澤架は、彼女の「過去」と向き合うことになる。

彼女は、なぜ姿を消したのか。浮かび上がる現代社会の生きづらさの根源。圧倒的な支持を集めた恋愛ミステリの傑作が、ついに文庫化

 

朝井リョウさんの解説

この小説はヘビーなのである。

それは恋愛や婚活にまつわる紆余曲折が絵がかえているからーというよりも、

何か・誰かを選ぶとき、私たちの身に起きていることを、

極限まで解像度を高めて描写することを主題としているからだ。

 

この解説、小説を全部読むと、よくわかります。理解できます。

人を選ぶ、なんて傲慢なんだと。

 

10月14日 木村秋則(りんご農家)

かくて奇跡のりんごは実った

 

根っこをみろ、土の上ばかりを見るなということに気づいて、無農薬・無肥料の栽培にたどり着いたようです。

地に足をつけてということですかね。

土台をしっかりと。

基礎をしっかりと。

何事も基本が大事。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です