はるか@宿野かほる

Pocket

先日、小説を読み終わりました。

はるか@宿野かほる

これです。

 

前作のルビンの壺が割れたが、凄く衝撃的で、

その次作ということで購入しました。

前作の衝撃度が凄すぎて、今回もドキドキしながら

 

AIを題材にしたものでした。

要するに亡くなった人のデータをAIにぶち込んで

復元しようというもの。

死んだ人を生き返らせるプロジェクトみたいな感じ。

で、最後まで読んだのですが、

今回は、そこまで衝撃的ではなかったかな。

なんとなく、あっけらかんと終わってしまったwww

前作が、まじ気持ちわりぃという感想を最後に持って、

でもその衝撃度が凄かったので、読後感は悪いものの

とても面白かったのですが、今回は、そこまで尖ってなかったかな。

 

2月10日 伊藤謙介(京セラ元会長)

心の中に佐渡島をつくれ

一度思い定めたら、誰がなんと言おうと二心なく貫いていくことが大事。

そのためには、逃げ場のない佐渡島を作る必要がある。

 

逃げ場のない状況を否が応でも作れとw

凄いスパルタだけど、いいっすね。こういうの好きです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です