サンパティック@新井薬師

Pocket

前に1度行ったことのある新井薬師のフレンチ

サンパティック。

食べログでの紹介は→こちら

中野駅からだと歩いて15分くらいですかね。

中野と違い、ごみごみしていない感じです。

ゆったりとした感じです。

そして、本格派のフレンチ。

 

赤ピーマンのババロア。

ふわっふわでした。とろけました。

 

パンとバター。バターがうますぎる。

そして、バターが赤ワインととっても合う。

なんじゃこりゃ。すごいマリアージュ。

 

マグロのタルタル。カニも入っています。

こういう料理って好きなんですよね。

 

豚肉と鳥レバーのパテ。

これ、赤ワインと結構合いまっせ。

臭みはなく、とっても食べやすい。

 

平目のソテーが本日のお魚のメイン

サフランソース。

凄く美味しいじゃないですか。

 

本日のワインはこちらです。

ブルゴーニュ。

 

羊肉。いやーー、ワインとすごくよく合う。

フレンチって感じ。

 

クリームブリュレーー。

久しぶりに食べたけど、うまいや。

 

コースが一人6600円という安さ。

そしてこのクオリティ。

最高じゃないですか。

 

3月16日 奥野博(オークスグループ会長)

どん底の淵から私を救った母の一言

倒産したのは会社に愛情がなかったからだ。

あんたはみんなにお金を用立ててもらって、やすやすと会社を作った。

やすやすとできたものに愛情など持てるわけがない。

母親が子どもを産むには、死ぬほどの苦しみがある。

だから、子どもが可愛いのだ。

 

愛情。言葉で愛を語るのは簡単だけれども、

実際に愛があるのか、どう愛を示すのかは難しい。

日頃の感謝も愛情表現の1つかな。

愛を語るより、口づけを交わそう

って歌詞が頭に浮かんできた。

誰だったかなと調べてみたら

WANDSだった。

懐かしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です